これから注目の補助金

NO1.「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援事業補助金」(通称:ものづくり補助金)

平成28年度第2次補正予算で、昨年度と同様に、1,000億円強の予算が計上されています。
毎年2月頃からの公募開始でしたが、あくまでも予測ですが、今年は国会の議決後の10月末から11月頭頃に公募が開始されるのではないかと思われます。
最近では製造業よりもサービス業に採択の比重が高まっており、サービス業が生産性の効率のためにシステム導入するようなケースは、この補助金利用をおすすめします。

◯補助上限:3000万円 補助率2/3 : 第4次産業革命に向けて、IOT・ビッグデータ・AI・ロボットを活用した場合

◯補助上限:1000万円・500万円 補助率2/3 : 経営力向上に資する革新的ものづくり・商業・サービス開発を支援

★今年度から、新たに国から「経営力向上計画」の認定を受けた事業者は、ものづくり補助金の審査で加点されることになりました。

 経営力向上計画とは!?

NO2.見過ごせない「小規模事業者持続化補助金」

商工会議所・商工会と一体となって経営計画を作成し、販路開拓に取り組む費用を支援
店舗の内装・チラシ・WEBページ制作などに適用できる
補助金額50万円と小さいが、経営計画書作成にあたりポイントをきちんと踏まえれば、採択される可能性は大きくなります。

毎年2月頃からの公募開始でしたが、今年は早ければ年内にも公募開始となる可能性があります。
平成28年度補正予算120億円(平成27年度補正予算100億円)とアップ

◯補助上限:100万円 補助率2/3 : 賃上げ、雇用対策、海外展開、買い物弱者対策

◯補助上限:50万円  補助率2/3 

 

Copyright(c) 2015 神奈川・静岡 助成金・補助金・融資支援センター All Rights Reserved.